HOME > 学会誌
 

学会誌

 

喉頭

 

 
学会誌第30巻第2号
 
 
 
最新号 :
第30巻 第2号 2018年12月
 
 
 
第31回日本喉頭科学会総会ならびに学術講演会のお知らせ
 
シンポジウム1 「喉頭基礎研究から臨床への展開」
  • 発声・嚥下の脳幹における中枢処理機構
…… 39
杉山庸一郎
  • 声帯瘢痕に対する粘弾性回復を目指した基礎研究
    ― 現状、問題点と今後の展望 ―
…… 40
熊井良彦
  • 日常臨床現場での喉頭高速撮影法
…… 41
松﨑洋海ほか
  • 喉頭腫瘍とHPV感染
…… 45
喜友名朝則ほか
 
シンポジウム2 「嚥下障害診療の標準化と普及」
  • 島根県における摂食嚥下障害臨床の現状と課題
…… 52
仙田直之
  • 嚥下障害診療の標準化と普及
…… 53
長尾明日香ほか
  • 嚥下障害の訓練の標準化
    ― 摂食嚥下認定言語聴覚士・看護師に対する全国アンケート調査結果より ―
…… 54
加藤健吾ほか
  • 嚥下機能改善手術と誤嚥防止手術
…… 55
丸尾貴志ほか
 
海外招聘講演
  • Neurologic disorders of the larynx
…… 56
Andrew Blitzer
 
教育セミナー
  • 音声外科に必要な喉頭の臨床組織解剖
…… 57
佐藤公則
  • 嚥下訓練法の現状とEBM創出に向けた取り組み
…… 66
香取幸夫
  • 音声治療の基本的考えと実際
…… 67
三瀬和代
  • Botulinum toxin therapy for laryngeal dystonia (spasmodic dysphonia)
…… 72
Andrew Blitzer
 
臨床セミナー
  • 咽喉頭癌に対する経口的切除
    Transoral videolaryngoscopic surgery (TOVS)
…… 73
冨藤雅之ほか
  • Transoral robotic surgery (TORS)
…… 79
楯谷一郎
  • 痙攣性発声障害  ― 臨床的特徴と診断のポイント ―
…… 80
西澤典子ほか
  • 診療ガイドラインのポイントと活用法
    音声障害診療ガイドライン
…… 86
梅野博仁ほか
  • 嚥下障害診療ガイドライン
…… 87
大前由紀雄
  • 小児の咽喉頭疾患―悩ましい治療方針
…… 88
守本倫子
 
原著
  • 喉頭spindle cell carcinoma3例の治療経験
…… 92
岡崎 雅ほか
  • 術前診断に苦慮した喉頭嚢胞
…… 96
福家智仁ほか
  • 放射線治療, 化学放射線治療を施行した進行下咽頭癌患者の
    予後予測における炎症性マーカーの有用性
…… 102
佐野大佑ほか
  • 両側声帯運動障害に対するlaterofixation (エイネル法)の有用性に関する検討
…… 110
松島康二ほか
 
症例
  • 原発性声門下癌の4症例:声門下癌の進展に関する検討
…… 115
宮原 裕ほか
  • 自然退縮した喉頭癌例
…… 122
入川直矢ほか
 
Book Review
…… 126